仲介と買取の違い
家を売却しようと思うなら不動産会社と契約を結び買主を見つけてもらうのが一般的ですよね。これは仲介での売却方法です。一方で物件を直接不動産会社に買い取ってもらう方法もあります。これを買取といいます。ここではこの買取についてメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

 

 

仲介と買取の特徴と違い

仲介と買取の違いについて紹介します。仲介とは不動産売却の一般的な方法で、売主と不動産会社が、媒介契約を結び広告等を出し買主を探して売却活動をします。一方買取は不動産会社が直接買い取ってもらう売却方法で新たに買主を探す必要がないので手間と時間がかからなく即売却できるのが特徴です。ただし売却価格が相場の7割前後になってしまうのが大きな欠点です。

 

仲介の説明図
買取の説明図

 

不動産買取のメリット

 

買取のメリットを紹介します。

 

即売却できるので現金化しやすい

買い手が不動産業者ですので買主を探す必要がなく買取額で交渉がまとまれば即契約を行い、司法書士の登記手続き等を経れば、すぐに現金化する事ができます。

 

急いで売却する必要がある場合は即買取をして、多少時間に余裕がある場合は買取保証付き仲介契約を選ぶと良いでしょう。
買取は短期間で手放すことができ、現金化しやすいのが大きなメリットです。

 

 

仲介手数料を支払う必要がない

買取の大きなメリットは仲介手数料を支払う必要がない事です。売主と不動産会社の双方で契約するので仲介ではないからです。不動産売却において仲介手数料は100万円前後かかりますので仲介手数料がないのは大きなメリットです。

 

 

瑕疵担保責任が免除される

仲介で不動産売却した場合、売主は買主に対して売却後でもあらかじめ設定した期間内に不具合が発見された場合補修する義務を負います。
これを瑕疵担保責任と呼びます。
「瑕疵」というのは簡単に言えば欠陥のことです。具体的な例をあげれば雨漏り、シロアリ被害などがそれに当たります。
この規定は購入時に買主を保護する目的で作られた法律であります。買取の場合(宅建業者)買主が不動産のプロですので瑕疵担保責任は免除されるので、売却後このような心配をする必要はありません。

 

 

近隣住民に内緒で売却できる

不動産売却を仲介で行うと広告やチラシで集客しますので近隣住民の方に売却していることがバレてしまいます。もちろん不動産会社によっては広告のあり方を制限できますがその分集客力も弱くなってしまいます。買取の場合は集客する必要がないので広告やチラシでの売却活動がないため近隣住民に内緒で売却することができます。

 

 

買取のデメリット

買取のデメリットも紹介します。

 

市場価格よりも安い価格での売却になってしまう。

買取の最大のデメリットは市場価格よりも安い価格でしか売却できないことです。仲介の場合は相場で売却できるのに対し、買取の場合は一般的に相場の6割から8割程度になります。

 

不動産買取では不動産会社は、物件を仕入れ、商品化して、それを販売することで利益を得る目的で購入しますので、相場より安く仕入れなくてはなりません。また売れ残りリスク、リフォーム費用や造成費用、販売活動費もあるので
本来の市場価格より安く買い取る必要があるのです。

 

 

必ず買い取ってもらえるわけではない

すべての物件が必ず買い取ってもらえるわけではありません。建築制限物件や農地に建つ物件、などは買い取ってもらえない場合があります。また事故物件や建物に問題がある物件に関しては、必要以上に買取価格が安くなる事もあります。

 

 

 

仲介と買取の売却活動の流れ

仲介と買取では売却活動の流れが変わります。以下を参考にして下さい。

 

不動産売却の流れ(仲介・買取)

 

 

買取でよくある質問Q&A

買取をする際の見積もりは無料ですか?

はい買取の際の見積もりはどこの不動産会社も無料で行ってもらえます。

 

売却決定後はすぐに引っ越さなければいけないの?

いいえ。ほとんどの不動産会社はお客様のお引き渡しのスケジュールとご相談の上、お引き渡しになります。

 

賃貸中でも売却可能ですか?

はい。 多くの不動産会社で可能です。オーナーチェンジ物件として賃貸中のまま買取が可能です。これまでの賃貸契約を継承致します。

 

売却する際に、絶対に必要な書類は何?

売却する際の必要書類は、以下のものが必要です。 身分証明証、住民票、印鑑証明書、登記済権利証、実印です。

 

査定時に必要な書類は身分証明書と物件資料です。詳しくは個々の不動産会社に聞いてみて下さい。

 

 

まとめ

不動産売却における仲介と買取の違い、そして買取のメリットデメリットを紹介してきました。それぞれ特徴が異なるりケースバイケースではありますが、急いで売却しないといけない理由がある場合は買取、そうでない場合は仲介が基本です。不動産と言う高価な商品は2割変わるだけで数百万円も変わります。結構大きな金額ですので基本的には仲介が良いかと思います。また買取保証付仲介契約と言うのあり期限内に売却できなければあらかじめ決められた価格で買い取ってもらえます。つまり仲介と買取の良いとこ取りです。

 

仲介と買取